アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダについて

アーユルヴェーダは、古代インド文明より、5千年近くの年月を経て伝わった、「幸せに生きていく」ための科学。
人が正しい知識を持って、健康に幸福に生きてゆくための方法が、ぎっしりと詰まっています。

たとえば、デトックス効果が高いと言われるオイルトリートメント、スパイスやハーブを使った食事。
瞑想、ヨガ、呼吸法など。自分の体質を知って、ほんのちょっと生活習慣を変えるだけで、心にも身体にも環境にも、思いがけない変化があらわれてきます。

当サロンでは、オイルトリートメントの施術と共に、アーユルヴェーダの知識の中で、
現代の生活にも取り入れやすい、お客様に適した食事や、生活の方法などを、お伝えしていきます。

アーユルヴェーダは、インド・スリランカで生まれた約5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学です。サンスクリット語のAyuh(生命・寿命)とVeda(科学・知識)を合わせた言葉から、生命そのものを科学する医学、あるいは実践的な生活健康法として受け継がれてきました。ブッダもアーユルヴェーダに精通し、食事や生活にもその教えを取り入れ、後の教えにも大きな影響を与えたといわれていますし、現代の世界中の自然療法や美容法の基礎になっています。

アーユルヴェーダが求められる2つのポイント

アーユルヴェーダは、中国医学やギリシャ医学よりも歴史が古く、医学であると同時に生命科学であり生活哲学です。アーユルヴェーダの古典『チャラカ・サンヒター』の中で、アーユルヴェーダは「健康人にも病人にも最上の道である病因論、症候論、治療論を備えた学問」であるといっています。とくに病因論では、2つのポイントでユニークです。

アーユルヴェーダは最新の予防医学

自分の体質を知って、不調を予測し、病気や不調の原因を自ら取り除く方法を教える、5000年前に生まれたアーユルヴェーダは、まさしく現代人に必要な最新の予防医学の体系です。身体も心も健康であれば、人生を楽しむことができます。これが、アーユルヴェーダのいう、生命そのものに対する医学です。アーユルヴェーダは人が生まれてから死ぬまでの一生を楽しむ方法を 教える科学であり、哲学です。

アーユルヴェーダは古代インド人による何か特別なものではなく、時空を超えて、地球上で今を 生きる私たち一人ひとりが生まれながらにもっている幸せに生きるための智慧です。 現代の忙しいストレスいっぱいの毎日の生活の中で、外に向けられた意識を、どうぞ一瞬だけ「内なる」自 分自身に向けてみてください。自分自身の身体と心を大切にする方法を知って実践して、楽しく、幸せに人生を生き抜いていきましょう。

PAGE TOP